2020/10
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

#書き出し祭り ぽっぷこぉーん presents 第一回 書き出し小説コンテスト(#書ぽコン企画) 講評どとーんと大公開!



 お待たせ致しました。

 先日結果発表されました第10回書き出し祭りのタイアップ企画「書き出し祭り×ぽっぷこぉーん presents 書き出し小説コンテスト」につきまして、大変遅くなりましたが、講評の公開させていただきます。




大賞

●俺はサル山のボスになる。

[遠野先生]
タイトル・あらすじの印象:
 ものすごく面白そうなギャグコメディの予感が漂ってますね……!
 
タイトル・あらすじを踏まえた書き出しの印象:
 まさかのシリアス! これはいい意味で騙された! ナイス!
「ただのギャグコメディに見せかけたサスペンス」ではなく「ものすごく面白そうなギャグコメディと思ったら、さらには緊迫のサスペンス要素も盛り込まれていた!」という一粒で二度おいしい作品。これは素敵。
 頭に銃を突きつけられて絶体絶命、続きが気になりますね!

[キッカイキ先生]
  最初は同窓会できて無いメンバーのお話でサル山のボスと言うワードだった為シュールなお話何かと思いましたが。
そこから徐々に物騒なワードや急展開もあり続きは!って食い気味になりました笑
展開の序盤の緩やかな雰囲気から一変して続きが気なる終わらせ方も上手だと思いました。

最終候補

●サクラ、歌ってくれよ

[遠野先生]
タイトル・あらすじについての印象:
 タイトルからは「過去のトラウマのせいで歌えなくったサクラを癒す主人公」みたいな構図を予想していましたが、サクラが消えてしまう物語なのですね。

タイトル・あらすじを踏まえた書き出しの印象:
 ハルとサクラの、現在の関係性が伝わる書き出しでした。ハル→サクラの「彼女を孤独から救いたい」思いに、どこまで読み手を共感させられるかがポイントになるでしょうし、そこを楽しみにしています。

[キッカイキ先生]
 売れない路上ミュージシャンのお話で、以前いた女の子のサクラが突如再開する所から神隠し体質や3年前のストーリー等、今後明らかになるであろうポイントなどが気になりました!
また、いつ消えるのか解らない点なども今後どの様にして行くのかなどその点も続きが見たいと思ったポイントでした。


●エルマンデルへの福音書

[遠野先生]
タイトル・あらすじの印象:
「エル」「マンデル」どちらもなんとなく耳になじみのある言葉。
 知ってるけど知らない感はフックとして強いですね!

タイトル・あらすじを踏まえた書き出しの印象:
 書き出しを読むことで「クールで理知的なエーヴァルトと、人情肌だが食えないところのあるゴエイ」の組み合わせが理解できますし、それはとても魅力的です。
 ただ、この関係性を「書き出しを読んでのお楽しみ」にするより、あらすじに盛り込んでしまったほうが、より多くの同好の士を惹きつけることができるかもしれません!

[キッカイキ先生]
 エーヴァルトの幼いながらクールで荘厳なキャラクター性と豪快な印象のゴエイのキャラクター性がとても良いですね!
ストーリーは人の死からなる影などの要素がどの様に作用するのかや祈り手とは?など気になるワードも多く、コンビの今後の活躍なども楽しみなタイトルでした!


●ウツロネ

[遠野先生]
タイトル・あらすじの印象:
 日本語めいたカタカナ言葉はホラーの様式美。
 あらすじにも「祖母の言いつけ」「不思議で怖い」とあるので覚悟して読み始めます。

タイトル・あらすじを踏まえた書き出しの印象:
 この文字数ではウツロネの魅力を語り切れません。
 ゆえに本質に絞ってお話ししますが、ホラーというのは「納得」と「不可解」の危ういバランスの上に成立する曲芸です。
 作者さんは間違いなく超一流の曲芸師であり、すぐにでも本で読みたいと思いました。

[キッカイキ先生]
 あらすじで多くを語らなく確かに気になるなーと共感が持てたところからスタートし、本編は最初から祖母のお話から大きく見出しで取っており重要な詩だとわかるようになっていた所も良かったです。
また、怪異の不可解さや今後見舞われて行くであろう主人公の災難などぜひ続きが読みたいと思わせてくれる作品だと思いました。


●〈神の目〉探偵の超能力事件簿

[遠野先生]
タイトル・あらすじの印象:
 「慣用句の通りに人が殺される」という発想が面白い。正直、これだけで本文を読むモチベーションがMAXになりますね!

タイトル・あらすじを踏まえた書き出しの印象:
 被害者が殺される→警察が出てくる→探偵登場、この流れは一種の様式美。ふんふんと思いながら読んでいくわけです。
 そして最後に待ち受けるのは「犯人の視界を奪った」という展開。
 これは驚いた。一気に核心に迫るスピード感。これは続きがものすごく気になる!!!

[キッカイキ先生]
 超能力とミステリーを題材にしたストーリーで、冒頭の犯人が死因が複数ありどの様な手口(超能力?)を使ったのか全く分からなかった為、今後主人公達がどの様に犯人に迫っていくのかとても気になりました!


●残念ながら原稿は命より重いです。

[遠野先生]
タイトル・あらすじの印象:
 タイトルからはシュールギャグの予感。
「人違いで木下を誘拐してしまった犯人を巻き込んで。」
 あらすじ、この一文のパンチがすごいですね。読まずにいられない!

タイトル・あらすじを踏まえた書き出しの印象:
 編河さんのキャラが最高です。会話で誘拐犯を圧倒し、ストライプスーツの軍団を引き連れて現場に現れる。強烈なインパクト。読者の首根っこを引っ掴んで物語に引きずり込む力があります。
 私は強く思いました。編河さんのこの先を見届けねば――、と。

[キッカイキ先生]
 先ず、目が付いたのは特徴的なキャラクター達で断片の端々からそのキャラクターが感じれてその点が良かったです!
また、コミカルなテンポで読みやすく誘拐犯がどの様にして巻き込まれどんな結末になるかも個人的には楽しみでした。




佳作

●あやかしお悩み相談所

[代表]
 スムーズな導入と会話を通してのキャラ立ては素晴らしい。妖怪の一般的なイメージとのギャップやストーリーがコミカルに進んでいく中で、それぞれのキャラがしっかりと把握できるように立てられていて楽しく読むことができました。コミカルな連載として良さそうです。

[企画担当]
 序盤から世界に引きずり込まれるような疾走感がある一方で、登場人物が絞られているおかげでだれのどんな問題(悩み)を解決していくのかという命題がはっきりしているように感じます。
 また一つ一つの文章にリズムがあるので読んでいて退屈しない、飽きないので、早く次のページをめくりたくなります。
 それはそうと所長が所長になった理由も気になりました。





 大賞に選ばれた「俺はサル山のボスになる。」の作者、本庄照さんの読み切り短編が次回コミケで頒布される合同誌に掲載されます。

 どんな短編が掲載されるのか、今から楽しみですね!!

 さて、第一回「書き出し祭り×ぽっふこぉーん 書き出し小説コンテスト」は終わりますが、この度はたくさんのご参加、ありがとうございました。

 まさかここまで多くの参加をいただけるとは思わず、不安でいっぱいのスタートを切りました。また最後の最後でやらかし、選者の先生方や書き出し祭り運営をはじめ皆様にご負担をおかけしました。
 それでも最後までここまで突っ走れたのは皆様のおかげであり、今後とサークルの一員としてもこの企画を盛り上げていきたいなと嬉しいなと思います。
 次回(第11回)はこのタイアップ企画は実施しませんが、また第12回にはバージョンアップして戻ってきますので、楽しみにしてお待ちください。
スポンサーサイト



#書ぽコン企画 選考基準について

 さて、昨日9月12日18時より書き出し祭りが始まりました。
 当サークルとのタイアップ企画『書き出し祭り×ぽっぷこぉーん presents 書き出し小説コンテスト(以下、書ぽコン企画)』もすでにタイトル・あらすじ発表時から選考が始まっております。

 先日、どんなふうに結果の告知をするのかなどはすでにお伝えさせていただきましたが、本日はそれについての続報を一つお出しさせていただきます。
(実はこの告知をするのに、いろいろと調整時間がかかってました)

 すでに告知済みの内容として、

*大賞作品(1作品)
*最終候補作品(数作品程度)



 これらについて書き出し祭り結果発表後、すぐに発表するとしておりましたが、それに加え、

 なんと、


 なんと、


*大賞および最終候補作品への選者による講評

  を公開させていただきます。


 最初に「すでにタイトル・あらすじ発表時から選考が始まっております」と書かせていただきましたが、本タイアップ企画は下読みを一切設けておらず(=選者の遠野先生とキッカイキ先生のお二人がすべての作品について読まれております)、どの作品に対してもとんでもない熱量で選考をしてくださっておりますが、

 すべての作品に講評をつけてお返しさせていただくことはかなり難しいです。

  参加者の皆様の作品に一つ一つフィードバックをお返しできれば、創作に対するモチベーション向上や創作物の純度を高める上で有用かとは思いますが、本タイアップ企画を継続的に存続させる上で、選者に過負荷を掛けることなく進められる範囲でのフィードバック返却として上記の形とさせていただきました。故に選者が評価をつけなかった作品についての個別評価の問い合わせに応じることはできませんのでご了承ください。選者への直接問い合わせについても不可とさせていただきますのでご理解の程よろしくお願い申し上げます。



 今後も突発的な告知などがありますので、随時当ブログ&ツイッターを確認しておいてくださいね☆

文章:サークル側企画担当

書ぽコン企画選者インタビュー

 今回は、書ぽコン企画における選者の一人、キッカイキ先生に「どんな部分を見るのか・イラストレーターとして仕事をされるときに注意する部分」などを伺いました。


―――――*―――――*―――――*―――――*―――――*―――――*―――――

 初めまして!今回、僭越ながら書き出し祭りの選考者を務めさせて頂きますキッカイキと申します!
 今回、イラストレーターとしてライトノベル等の作品で挿絵を描かせて頂いてる視点でどの辺りに注目するかをお話したいと思います!


 まず一点目ですが、キャラクターの容姿を記述する場合性格、容姿が発言や行動とある程度合致しているかです。
 文体でそのキャラクターを想像しやすい様に髪色や髪型あとは声質、顔、体型等画く場合があると思いますが、その差があり過ぎると「このキャラクターはこのデザインで良いのか?」と少しズレが出たりする場合があり、デザインする場合にやりづらさを感じることがあるので、発言と性格と容姿の一体感を意識するとより違和感を感じづらいキャラクターになるかと思います。(ギャップ感等はまた別のお話です)

 例えば、めちゃめちゃ無口なキャラクターがすごい長文で喋り始めたりとかだとズレを感じたりすると思うんですがそういう点等かなと個人的には思っております。


 二点目は、文章でのキャラクターの容姿をあまり断定し過ぎないことです。
 何故かというと文章の上であまりにもガチガチにキャラ容姿の指定をし過ぎると読者もですがイラストレーターもデザインの縛りが強く出てしまい読者は、想像する楽しみが少なくなり、イラストレーターはデザインを組む上で難しくなる場合もあります。

 ただ、ある程度が抽象的過ぎるので説明すると、基本的に色やキーワードはだしてもよいですが形を断定しないほうがと思います。

 例えば、形とは髪の長さや鎧の形状などシルエット的なものです。
 色やキーワードは髪色や鎧を着てるや軽装ななど厳密さが無いものであれば読者もどの様な鎧なのかまではわからないですが鎧=冒険者なのかな?とか騎士かもしれないとかそのへんの想像もできると思うのでキャラの容姿の説明は出来るだけフワッと大き目のくぐりでやると良いかと思われます。

 以上がイラストレーター視点でのライトノベルの注視点です!
 後は、話の読みやすさやテンポ、ストーリー展開等は個人的な観点が多いかと思いますので、ここで筆を置かせて頂きます。

 最後に今回いろいろな作品が読めると思いますのでとても楽しみに読ませて頂きたいと思います!

 読みにくい所もあったかと思いますが、最後まで見て下さりありがとうございます。
 それでは!


―――――*―――――*―――――*―――――*―――――*―――――*―――――

 | ホーム |  次のページ »

プロフィール

ぽっぷこぉーん

Author:ぽっぷこぉーん
~文芸サークル『ぽっぷこぉーん』公式ブログへようこそ~

[現在の状況]
・コミケ:連続参加中
・その他頒布会:充電中
ツイッター:不定期更新中
・ブログ:大改修中

[公式企画]
・書き出し祭り×ぽっぷこぉーん presents 書き出し小説コンテスト 第一回:鋭意準備中


公式メール
popcorn.contact@gmail.com