2019/06
 123456789101112131415161718192021222324252627282930 

ぽっぷこぉ~んロシアイラストコンペ報告

こんにちは、大熊です
今回は先日ロシアで行われましたイラストコンペについてのご報告です。
私、実は海外へ行くのは高校の修学旅行以来の久し振りの海外でしたので
ロシアへ行くにはパスポートを取るところから始まったんですよ。
で、搭乗する航空会社が出発三週間前に墜落するという何という絶妙なタイミング…
DSC_4513.jpg
そんな私の不安をよそにロシア行きの飛行機は大空を飛びますが
いろんな意味でおおらかな飛行機でしたw国が違えば文化やサービスも違うものですなあ
飛行機はウラジオストクを経由して会場であるハバロフスクに着きました

DSC_4547.jpg
成田から直行便で約三時間、新幹線で東京~秋田間程の時間で
一番近いヨーロッパ、極東のハバロフスクに到着します。
街並み・人・文字・文化・食事がわずかな移動時間でこうも変わるのかと思うと
人間の技術は凄いなあと考えさせられました。

現地ではイラストコンペの授賞式を執り行いましたが、
実はこのイベントはロシア全土で募集をかけており
今回大賞を受賞されたダリーナさんは何とモスクワ近くの方Σ(´Д`*)
流石に極東まで来て頂けるわけにはいきませんので目録を代理人に託しましたが
極東に住んでいる審査委員賞を受賞された三名の方には会場に来ていただけましたので
何とか無事に授賞式を執り行うことが出来ましたw
国土が広すぎるのも大変ですなあ((´・ω・`;))

DSC_4688.jpg

DSC_4689.jpg

DSC_4690.jpg

今回受賞された皆様、受賞本当におめでとうございます‼

授賞式の後は同行していただいたキッカイキ先生による作画講座も行われました
通訳の方を介しての講座ではございましたが、技術は国境を超えて宿ると言うように
現地の方の学び取ろうという熱意は物凄い熱いものを感じさせられました。
CollageMaker_20190620_21161.jpg
二泊三日という短い滞在ではございましたが
当サークルは日本のポップカルチャーで文化交流をしてまいりました。
様々な問題があり、滞在するのにも複雑なビザが必要な近くて遠い国ロシア、
いつか多くの人が互いの国を気軽に行きかうことが出来て自由に語り合い分かり合える
そんな未来が来てもらいたいと私は思います。
スポンサーサイト

夏コミC96に参加いたします。

報告がご無沙汰になっております、広報の大熊です
ここ二か月ロシアでのイラストコンペの一件で報告がおろそかになっておりました。
ここに至る経緯も沢山ありますがそれはまた後日という事で……


さて、夏のコミケのご案内ですが、文芸サークルぽっぷこーんは夏コミに
当選いたしましたヽ(≧∀≦)ノ

今年の夏は四日間開催で私共のサークルは

三日目の日曜日 西D28b

に配置されました。
お隣の28aは強敵と書いて戦友(とも)と呼ぶ間柄のクロックワイズ・メカニクスさん‼
この二枚看板で当日は皆様のお越しをお待ちしております。
更にコミケ当日には何やら隠し玉があるそうなのですが・・・なんだろう?



代表からのご挨拶


昨日をもって平成という元号が幕を下ろしました。
平成24年に発足しました当サークルも、令和という新しい時代を迎えることができました。
発足当初は半年に一回の合同誌刊行すら危ぶまれる時期もありましたし、皆が手探りで試行錯誤することが多かったと記憶しています。
そんな我々も書籍版を定期刊行するようになり、またメンバーもそれぞれの分野で専門性を積んだプロとして働きながらの参加という形が主となって参りました。
これも常々から支えてくださっている読者、メンバー、クリエーターの皆さまのお陰と感謝しております。
一部の経済識者によると平成は経済面では停滞の時代だったと評されているようです。ハード面では技術力の陳腐化、ソフト面では大きな時代の流れに取り残されての音楽出版等業界不況がその理由として挙げられています。確かにそういった側面もあるかもしれません。しかしながらコンテンツ制作に触れてこられた皆さまは、それが単なる停滞にすぎなかったものではないことを感じておられるのではないでしょうか?
動画配信サイトを用いて自身の音楽を世に送り出し、オリンピックの公式歌を手がけるようになった米津玄師さん、一次創作の同人ソフトから今や一大ジャンルとなった茄子きのこさん、我々に直接関係あるところではピクシブやなろうから世に出たライトノベル作家やイラストレーター
平成の時代はこうして研鑽を続けてきた個人が世に出る機会の種が多く生まれた時代という意味で、停滞ではなく蛹の時代だったのではないかと私は感じています。そしてこれは令和において羽化してゆていくのではないでしょうか。
当サークルも「皆に書く場、研鑽の場、発表の場を提供する」を第一義として発足したサークルです。これから令和の時代を皆様と共に羽ばたけます事を切に願っております。

令和元年五月一日 サークルぽっぷこぉーん代表 黒井音幸

 | ホーム |  次のページ »

プロフィール

ぽっぷこぉーん

Author:ぽっぷこぉーん
2015年

C89頒布は無事に終了
お疲れ様でした



ぽっぷこぉーんブログへようこそ!

公式メール
mail:popcorn.contact@gmail.com